単身の引越しの見積もりでの注意点

単身の引越しの見積もりの見方とは

単身赴任が決まったら、まず何をすればいいでしょうか。一番初めは、当然物件探しです。この時に、注意するポイントは、赴任が短い期間なのか、これからも続くのかということです。もし、今回のみであったり短期間の場合は、家具等がついている物件も選択肢に入れてみて下さい。住環境は、仕事の良し悪しを左右することもありますので、もちろん自分の使いやすいものを求めるのも大切ですが、新たに家具・家電をそろえる費用、単身が終わった後の処分も考えて検討しましょう。これから長期間になる方、あるいはこれからも何度か続く方は、ある程度ものを揃えたほうが、充実した生活を送れることになります。それぞれの事情に合わせた物件が見つかったら、次は引越しの準備です。引越し業者を選ぶポイントについて、みていきましょう。

まずは、持っていく荷物を把握しましょう。

家具等がついている物件を選んだ方は、身の回りの衣類や小物を持っていくのがメインになるかと思います。そういう方は、いわゆる単身パックと言われるものが、比較的リーズナブルなことが多いです。ただ、同じようなパックでも、業者によって運べる容積(縦・横・高さ)が異なりますので、荷物の中に背の高いものがある場合などは、注意が必要ですので、事前にホームページなどで確認しておきましょう。初めての引越しの場合、特に用意するのにおすすめなのが、プラスチックの衣装ケースです。引越しの荷物は、ダンボールに詰めるのが基本ですが、プラスチックの衣装ケースは、中身を出さずにそのまま運搬してもらえることが多いです。ダンボールに詰めたり、出したりの作業が減らせるのと、季節ごとにケースを最初から分けることで、季節ごとの入れ替えの手間も省けます。家具を持って行く方も、どれを持って行くか、リスト(寸法を書いておくと後々便利です)を作っておくと、見積もりをとる時にも便利です。

実際に見積もりを取りましょう。

荷物が把握できたら、次は、一括で数社の簡易見積もりができるサイトを使ってみましょう。まずは自分の頼む内容が、基本料金に含まれるのか・オプションとして別料金になるのかをだいたい調べます。ダンボールは〇〇枚まで無料、布団袋が含まれる、ダンボールの回収無料など、業者によってそれぞれ異なりますので、基本料金が安いというだけでなく、内容までチェックして、数社に絞って下さい。次に、実際に絞った業者に見積もりに来てもらいます。面倒だと思われるかもしれませんが、このひと手間が価格を抑えることにもつながりますので、1日にまとめて来てもらいましょう。この際に、他の業者にも依頼していることを伝えることが大切です。これによって、他社を意識した金額での提示につながります。また、内容は、どの業者にも同じように伝えて下さい。業者からの提示額が全部揃ったら、比較検討です。ホームページの内容と大幅な金額の差はないか。運搬中の破損に対応した保険はあるかも確認しましょう。破損時の対応は、見に来た担当者が行うことが多いので、担当者の印象も加えて検討されることをおすすめします。

Scroll To Top