単身の引越しの見積もりでの注意点

単身で引越しをする時は見積もりを取りましょう

これから就職や進学で、実家の親元を離れて初めて一人暮らしをする人もいますが、初めてだとわからないことが多すぎて不安になることが多いです。特に初めての引越しだと何から始めればいいかわからずに困ってしまいます。とりあえず業者を選ぶことから始めるといいでしょう。シーズンになると業者も予約が沢山入るので、思うような日時に予約が取れないことも多いです。できるだけ早めに業者に予約を取ることが大事です。業者は全国に沢山ありますが、一人暮らしをする場合は単身パックのプランがある業者に依頼するといいでしょう。なぜなら一般のプランに比べるとかなりお得なことが多いです。自分の荷物がどれくらいになるか把握しておき、業者に見積もりをだしてもらうことが大事です。

見積もりは複数社からだしてもらう

単身引越しで業者に見積もりをだす時の注意点ですが、一社だけからではなく複数社からだしてもらうことが大事です。なぜなら一社だけだと高いのか安いのか比較できないからです。最低でも三社以上からだしてもらうといいでしょう。ある程度の単身パックの相場を知っておくことも大事で、極端に相場より安い業者は要注意です。なぜなら極端に相場よりも安い業者は、後でいろんな理由をつけて高額な追加料金を請求する可能性もあります。極端に相場よりも安い場合は、どうしてそんなに安いのか担当者に聞いてみるといいでしょう。ちゃんとした理由がかえってこない時は、その業者は選ばない方が安心です。費用の安さだけで業者を選ぶと、サービスの質が悪かったり荷物が無くなるなど後でトラブルに巻き込まれることもあるので気を付けてください。

業者選びの探し方と注意点について

引越しの見積もりを業者にだしてもらった場合に気をつけることは、単身パックの場合は引越しの荷物が規定のコンテナに収まることを条件にしているので、万が一コンテナに収まらない量だと、二個分のコンテナの料金がかかることになります。そうなると費用も倍になるので一般のプランに変えることも考えた方がいいでしょう。業者に実際に部屋に来て荷物を見てもらわず、ネットや電話で問い合わせる場合は正確に荷物のサイズや個数を申告することが大事です。正確に個数やサイズを申告しないと当日にコンテナに収まりきれず、余計な費用を払うことになります。業者によっては不用品の回収や買い取りもおこなう所があるので、不用品がある場合は正確に申告するといいでしょう。不用品を買い取ってもらえればトータルの費用も安くなります。

Scroll To Top