単身の引越しの見積もりでの注意点

単身の引越しは見積もりのここを見よう

単身での引っ越しは相場が安く済む傾向がありますが、もっと安くできる可能性もあります。サービスの詳細、条件などを細かくチェックしておくことで、安くなるパターンを逃さずに済みます。見積もりをとるときには、きちんとチェックすることが大切です。交渉力を磨くよりも、まずは情報をキャッチする力を身につけましょう。ポイントを抑えて見ておけば、交渉もしやすくなりますし的外れなことを言わなくて済み話が早いです。表の料金だけに注目せず、営業マンからどれだけ裏のコストを聞き出せるかもコツになります。できれば詳しい費用を聞き、削れるところは削るようにすれば価格を下げることは可能です。個人でもどうすればそのような交渉ができるようになるのか、簡単な方法を見積りの段階から探っていきましょう。

安く引越ししたいときにチェックするところ

単身だと安いイメージのある引越しですが、いくら単身でも荷物が多ければ高くなってしまいます。安い単身パックの場合、条件が決まっているのでその条件に合うかどうかしっかりと見ておきましょう。たいていはカゴ代車に荷物が収まる前提で話が進められます。カゴ台車の大きさは要チェックです。また、ダンボール箱の個数で決まっているところもあります。ダンボールの場合はテレビや冷蔵庫も含まれているかどうか見ます。自転車やレンジなども持っていれば見積もり条件に含まれているか見てください。追加料金を発生させないためにも、金額ばかりに注目せずこの詳細条件をきちんと確認しておきましょう。そして不要なものは事前に捨てておくことで、安いタイプのプランができようできるようにすれば、価格を抑えられます。

割引サービスが適用できないかどうかを見る

引越しの見積もりを取るときに見逃したくないのが割引です。インターネット上から申し込むと割引が受けられることがあります。また、休日ではなく平日だと割引がされているところもあります。営業の人が親切に教えてくれるところもありますが、ネットだと情報を自分で取るしかないので、見積もりをとるときに一緒にチェックしておきましょう。他にも早めに申し込むことで割引が受けられたり、専用ボックスの使用でも適用されることがあります。逆に超過料金も見ておくと安心です。予定時間が超過したり、祝祭日でのお引越しになると追加で料金がかかるところもあります。トラックの種類も確認してください。通常の大型トラックよりも、ミニトラックでの作業であれば安く済ませられます。もし車両代や人件費など詳細なことがわかれば、小さいトラックに変えてもらう、友人に手伝ってもらい人件費を削るなどの交渉ができる可能性もあります。

Scroll To Top